3. 仕事を通しての永住権申請

3.仕事を通しての永住権申請

最終更新日:2018年12月
体では移民法にするご相を受け付けておりませんので、最新の情/フォムは必ずUSCISのウェブサイトでご確認いただき、また、移民法弁士などの家とご確認ください。

【該当資格】

    • 内定がある人。多くの場合、申請者の仕事がアメリカ人によって行われるのが困難だと証明される労働局からの労働証明申請が必要になります。Form I-140 “Immigrant Petition for Alien Worker”
    • アメリカでの雇用数を増やす可能性のある投資家。Form I-526 “Immigrant Petition by Alien Entrepreneur”
    • 特別な技術の持ち主(科学、アート、教育、ビジネスの面で秀でている者やアスリート)
    • 国際機構、宗教の普及などのために働いている人。I-360 “Petition for Amerasian, Widow(er), or Special Immigrant” が必要。

最も多くの方が該当するのが、現在米国在住の方が内定先を通した永住権申請のため、ここではその手続き方法をご紹介します。その他に該当する方はUSCIS、または移民法弁護士へお問い合わせください。

【必要書類】

    • Form I-140 “Immigrant Petition for Alien Worker”
    • Form I-485 “Application to Register Permanent Residence or Adjust Status”
      • Form I-485の必要書類
        • 犯罪歴があれば、それが詳細に説明された書類
        • 出生証明書のコピー、またはそれに該当するもの
        • パスポートの非移民ビザのコピー
        • 写真
          • 30日以内に撮った同じカラー写真2枚。ホワイトかオフホワイトの背景
          • パスポート形式のカラーで2インチ×2インチのもの
          • 頭の直径は紙の上から顎までが1インチから1.3/8インチ、目の位置が写真の下から1.1/8インチから1.3/8インチ
          • 宗教以外の理由では頭に何も付けないこと
          • 写真の裏に鉛筆で軽く、自分の名前と “Alien Registration Number”(あれば)を書く
        • 14歳〜79歳の場合、USCIS 生体認証サービスのための指紋提供:G-325A “Biographic Information”
        • 身体検査レポート:I-693 “Report of Medical Examination and Vaccination Record”
        • 雇用主からの手紙
        • 申請者や親類が雇用先の株を持っている場合、雇用先が記入した Form I-864 “Affidavit of Support” サポート宣誓供述書
    • I-94 の両面のコピー
    • I-140 “Immigrant Petition for Alien Worker” が受理されたことが書かれた USCIS からの手紙のコピー(先に I-140 のみを郵送した場合)
上記書類と申請料をUSCISに送付します。郵送先・その他詳細はUSCISウェブサイトからご確認ください。

労働証明書や I-140 が受理された順に Waiting List が作られます。書類が受理された日付、業種、ビザの空き数、出生国を考慮した末、ビザ申請権を与える人物が決められます。順番が来たらビザ番号が与えられ、その後申請手続きが再開されます。申請にかかる時間は申請者の職業や状況に応じて様々です。

参照元:USCIS: Green Card Through A Job; Questions & Answers: Pending Employment-Based Form I-485 Inventory