8. チャイルドケア・プログラム

低所得者の為のチャイルドケアプログラム

Administration of Children’s Services (ACS) では、受給資格を満たしたニューヨーク在住の方が無料〜低価格のチャイルドケアを受けられるよう経済的援助をしています。ただし、ACSがチャイルドケアサービスを直接運営している訳ではありません。Department of Health から許可を得た Group Child Care Center や Family Child Care Networks に加盟している個人宅で、2ヵ月〜12歳までの子供を預かります。また、特別支援が必要な子供たちは18歳まで許可されています。

ACS は以下の利点からこのプログラムを推奨しています。

    • 安全で健康的な環境(免許を保持している、またはNYC DOHMHに登録していて最低基準を満たしている機関)
    • 楽しく学べる環境
    • 健康的な食事とおやつ
    • 訓練と経験を積んだ職員
    • 両親が子供達のケアにもっと深く関われる機会を与える

ACS が援助している Child Care の種類には Group Child Care Center と Family Child Care Networks の2つあり、Family Child Care Networks には Family Care Homes と Group Family Child Care Homes の2種類に分かれています。

Group Child Care Center:資格を持った教員が認可されたチャイルドケア・センターで子供たちの世話をします。生後6週間〜幼稚園に入る年のお子さんが対象です。営業時間は月曜日〜金曜日、午前8時〜午後6時まで。(*センターによって営業時間が異なる場合があります。)

Family Child Care Networks : 認可された、または免許を保持する Family Child Care Homes で生後6週間〜12歳の子供たちを預かります。特別支援が必要な子どもは18歳まで。営業時間は月曜日〜金曜日、午前8時〜午後6時。但し、Pre-School の子どもは午後3時〜6時までです。また、School-Age のお子さんのために営業時間を早めたり、遅めたりしてくれます。週末も預かってくれるところもあります。

    • Family Care Homes:The Department of Health and Mental Hygiene により認可されたプロバイダーが、子供の年齢によって最高6人までを一度に預かります。基本的に年齢別のグループに分けられます。
    • Group Family Child Care Homes:The Department of Health and Mental Hygiene から認可された免許を保持するプロバイダーが、子供の年齢によって10人〜14人の子どもたちを一度に預かります。様々な年齢の子供達と一緒に過ごす事が多いです。

【該当資格】

以下の一つでも当てはまる場合

      • 週20時間以上働いている
      • Human Resources Administration (HRA) が認可している職業訓練や教育プログラム(高校、GEDプログラム、2年制大学)を受けている
      • ACS、HRA、Social Service Agency のクライアント
      • Cash Assistance、TANF、Public Assistance などの公的支援を受給している
      • 規定内の所得(チャイルドケアにかかる費用は、収入に応じて決められるスライディング・スケールが適用されます)

世帯数23456
年収$30,260$38,180$46,100$54,020$61,940
2012年改正

以下のリンクからも申請資格があるかどうかをチェック出来ます。
http://www.nyc.gov/html/acs/chidcare_eligibility/wizard.html

 【手続方法】

1. ACS のチャイルドケア・プログラムを選びます。ニューヨーク市内にある300件以上のチャイルドケア・プロバイダーの中から、申請者が興味のある場所を探し、空きがあるかを問い合わせます。(*ACS では、親が興味のあるプロバイダーに直接出向き、職員と子供達の関わり方やその場所が自分と子供達のニーズに合っているかを見て、安全性、食事やおやつ、スケジュール、教育方針などに関しての質問をすることを勧めています。)

ブロンクスのチャイルドケア・センター
ブルックリンのチャイルドケア・センター
マンハッタンのチャイルドケア・センター
クイーンズのチャイルドケア・センター
スタテン・アイランドのチャイルドケア・センター

2. チャイルドケア申請用紙に必要事項を記入し、必要書類を揃えます。

【必要書類】

      • 身分証明書(例:Birth Certificate、18歳以下の子供全員の Baptismal Record、家族全員のソーシャルセキュリティーナンバー)
      • 住所を証明するもの(例:現住所が記入されている光熱費等の請求書や給料明細、家賃支払いの領収書、Section 8 のアワードレター、NYCHA Certificate)
      • 子どもの移民ステータスを証明できるもの(例:I-94、グリーンカード、Naturalization Papers、弁護士からの手紙)(*親の移民ステータスは考慮されません。)
      • 収入とベネフィットを証明できる物
          • もし申請者が週最低20時間働いている場合、給与明細
              • 給与が毎回同じ場合、過去4週間連続の給与明細
              • 給与が毎回異なる場合は、過去12週間の給与明細
              • 給与明細がない場合は、Referral to Employer Form 1069 をお使いください。
          • 自営業(Self-Employed)の方は、会社とご自分のタックスリターン
            • Sole Proprietorship の場合、IRS 1040, Schedule C and SE
            • Partnership の場合、IRS 1040, 1065, Schedules K-1 and SE
            • Self-Employed になって3ヶ月以内の場合、Notarized された収入の明細
            • Self-Employed になって3〜12ヶ月の場合、税理士からの手紙
          • Alimony や Child Support を受け取っている場合、 Form 1081を記入してください。
          • Social Security、SSI、Disability、Retirement、Pension/Annuity Income を受け取っている場合は、小切手のコピー、現在の award letter、SSA Form 245B を提出してください。
      • チャイルドケアが必要な理由。以下の理由のいずれか。(必要なフォーム
        •  高校、2年生大学、GEDのクラスを週最低20時間受けている。Training Verification Form 1082 を記入してください。
        • 週最低20時間以上働いている。上記の「収入とベネフィットを証明できる物」に書かれたものを提出してください
        • 子どもが Preventive 又は Protective サービスが必要。Form W186-D-2 を記入してください。
        • HRAのクライアントでホームレスやDVの被害者として紹介された。Form 1019 を記入してください。

3. 希望の場所に全ての書類を提出します。その後、ACS が10日以内に Child Care Subsidy として受理するか否かの結果を通知します。受理された場合は、チャイルドケア入園と自己負担額に関する情報も同封されますので、プロバイダーに連絡し、オリエンテーションの予約を取ります。受理されなかった場合は、その理由が書かれた手紙が届きます。

その他の Child Care

Head Start:低所得の家庭の3〜4歳の子供は、無料で早期の教育プログラムを受ける事が出来ます。Head Start はソーシャルサービスや両親の参加にも焦点を置いています。

Universal Pre-Kindergarten (UPK):該当する4歳児に対する Department of Education による無料の教育プログラムです。地域の小学校やコミュニティー機関で半日や一日のプログラムを提供します。

Out of School Time (OST):全ての小学生から高校生の子供達への無料アフタースクールです。アカデミック、文化活動、美術、音楽やスポーツなどが提供されます。

これらのプログラムに興味がある方は 311 へお問い合わせ下さい。

 

参考資料:
NYC ACS: Child Care Program
NYS DTDA: Child Care Subsidies