8. チャイルドケア・プログラム

低所得家族のためのチャイルドケア・プログラム

ニューヨーク市のチャイルドケア・プログラム

ニューヨーク市の Administration of Children’s Services (ACS) では、EarlyLearn NYC と私立保育園(個人経営含む)を通して、条件を満たす親に保育料助成制度による無料〜低価格のチャイルドケアプログラムを用意しています。ACSが保育園を直接運営しているのではなく、認可されたグループチャイルドケアセンターやファミリーチャイルドケアネットワークに加盟している施設・個人が、生後6週間〜12歳までの子どもを預かります。特別支援が必要な子どもももちろん預けることができます。ファミリーチャイルドケアネットワークにはファミリーケアホームとグループファミリーチャイルドケアホームの2種類があります。

Group Child Care Center:資格を持つ職員が認可保育園で生後6週間〜6歳の子どもたちを預かります。営業時間は月曜〜金曜の午前8時〜午後6時。*施設によって営業時間が異なる場合があるため要確認。

Family Child Care Networks : 認可託児所(個人宅)で生後6週間〜12歳の子どもを預かります。営業時間は基本的に月曜〜金曜の午前8時〜午後6時。ただし、保育所によって時間帯が異なるため確認が必要。

Family Care Homes:The Department of Health and Mental Hygiene に認可された個人宅が、3人〜8人の子どもたちを預かります。生後6週間〜12歳の子どもが対象。基本的に年齢別のグループに分けられます。

Group Family Child Care Homes:The Department of Health and Mental Hygiene に認可された個人宅が、7人〜16人の子どもたちを預かります。生後6週間〜12歳の子どもが対象。様々な年齢の子ども一緒に過ごすことが多いのが特徴です。

ACS EarlyLearn NYC

EarlyLearn NYC プログラムは、社会性や知能の発達を促して幼稚園入園への準備をするために、安全、きれいで質の高いチャイルドケアとヘッドスタートプログラムを提供しています。訓練と経験を積んだ職員が楽しく学べる環境を提供し、健康的な食事とおやつは無料で与えられます。親が子どもともっと深く関われる機会もあります。条件を満たす親は保育料助成制度により無料〜低価格で子どもを預けられます。特別支援が必要な子どもも預けることができます。

EarlyLearn NYC Child Care(週5日)1日10時間まで利用可能

  • 保育園(対象:生後6週間〜4歳の子ども)
  • ファミリーチャイルドケアネットワークに加盟している個人宅(対象:生後6週間〜3歳の子ども)
  • ニューヨーク市教育省が所管するPre-K(対象:4歳の子ども)

EarlyLearn NYC Head Start(週5日)1日8時間まで利用可能

  • 保育園(対象:3〜4歳の子ども)
  • ニューヨーク市教育省が所管するPre-K(対象:4歳の子ども)

【認証保育所保育料助成制度を受けるための条件】

  1. 保育が必要な理由(以下のいずれかに該当すること)
    • ホームレス、または Temporary Housing に住んでいる
    • 週20時間以上働いている
    • 認可されている学校(高校、GEDプログラム、2年制大学)、または職業訓練に通っている
    • 家庭内暴力被害者支援機関のサービスを受けている
    • 子どもが保護・予防サービスを受けている
    • 就職活動中である(*6ヶ月間以内の求職中であること)
    • 4年制大学に通っており、かつ週17.5時間以上働いている
    • 給付金(Cash Assistance, TANF)や公的支援(Public Assistance)を受けている(*その場合は、直接 Job Center でチャイルドケアを申請すること)
  2. 家族の人数と収入(*収入条件は給付金(Case Assistance)を受給している家庭に限ります)

*保育料は収入に応じて異なります。

以下のリンクからも助成保育の申請資格を確認できます。
1) https://www1.nyc.gov/site/acs/early-care/eligibility.page
2) http://www.nyc.gov/html/acs/chidcare_eligibility/wizard.html

【手続方法】

  1. ACSと提携しているチャイルドケアプログラムを選びます。
    ニューヨーク市内にある300件以上のチャイルドケアプログラムの中から、ご家庭のニーズに合う場所を探し、空きがあるか問い合わせます。プログラムを訪問し、職員と子どもたちの関わり方を直接見て、安全性、食事やおやつ、スケジュールや教育方針などに関して質問をすることが大切です。

ブロンクスのチャイルドケア・センター
ブルックリンのチャイルドケア・センター
マンハッタンのチャイルドケア・センター
クイーンズのチャイルドケア・センター
スタテン・アイランドのチャイルドケア・センター

*保育所への質問事項の例
– What are the hours of operation?
– Can I walk in at any time?(Yesという返答があるべきです!)
– What languages are spoken?
– Does my child need to be toilet trained in order to attend?
– Do I need to bring diapers or other supplies?
– Is there a curriculum that the program follows? What topics support children’s development and learning?
– Is there someone who helps with children’s transition to kindergarden or the classroom my child will go to next year?
– What are the fees?

2.  保育所保育料助成制度申請用紙(Application for Child Care Subsidy; Instruction)に必要事項を記入し、必要書類を揃えます。

【必要書類】

  • 身分証明書(例:Birth Certificate のコピー)
  • 住所を証明するもの(例:現住所が記入されている光熱費等の請求書、給料明細)
  • 子どもの移民ステータスを証明するもの(例:グリーンカード、Naturalization Papers)(*親の移民ステータスは関係ありません)
  • 収入とベネフィットを証明するもの
    • 給与が毎回同じであれば、過去4週間連続の給与明細のコピー
    • 給与が毎回異なれば、過去12週間連続の給与明細のコピー
    • 給与明細がなければ、Referral to Employer Form 1069 を使うこと。
    • 自営業者(Self-Employed)は、会社と自分のタックスリターンのコピーとI-94
      • Sole Proprietorship であれば、IRS 1040, Schedule C & SE
      • Partnership であれば、IRS 1040, 1065, Schedules K-1 & SE
      • Self-Employed になって3ヶ月以内であれば、公証(Notarize)された収入の明細
      • Self-Employed になって3〜12ヶ月であれば、税理士からの手紙
    • 配偶者扶養料(Alimony)や養育費(Child Support)を受け取っていれば、 Form 1081を記入すること。
    • Social Security、SSI、Disability、Retirement、Pension/Annuity Income を受け取っていれば、小切手のコピー、現在の Award Letter、SSA Form 245B を提出すること
  • チャイルドケアが必要な理由。該当所得を満たす家庭は、助成保育を受けるために以下の理由のいずれかに該当すること。(必要なフォーム
    • 学校や職業訓練に通っている:高校、2年制大学、GEDプログラムに週20時間以上通っていれば、Training Verification Form 1082 を記入すること。
    • 週20時間以上働いている:上記の「家族の収入とベネフィットを証明するもの」に書かれた書類を提出すること。
    • 子どもが保護・予防サービスを受けている:子どもが保護・予防サービスを必要とすれば、Form W186-D-2 を記入すること。
    • HRAからサービスを受けている:HRAのクライアントでホームレスやDV被害者として紹介されたのであれば、Form 1019 を記入すること。

3.   希望するチャイルドケアプログラムに全ての書類を提出します。その後、ACS が10日以内に助成保育を受理するか否かの結果を通知します。受理されれば、入園の案内と自己負担額に関する情報も同封されているため、プログラムにオリエンテーションの予約電話をします。受理されなかった場合は、その理由が書かれた手紙が届きます。

 

Privately-Run Child Care Programs

上記の EarlyLearn NYC プログラムの他に、市に認可された私立保育所があります。施設や自宅で提供され、ほとんどの保育所は Department of Health and Mental Hygiene に認可されています。以下の3つの条件を満たしていることが入所条件です。

  1. 生後6週間〜13歳までの子どもで、
  2. HRAから給付金を受給しており、
  3. ACSが発行したクーポン券(Vouncher)を持っていること。

私立保育所は NYC Department of Health’s Child Care Connect でお探しになるか、311 へお電話してください。

 

ACS以外のチャイルドケア

1. 連邦政府の助成金で運営されているヘッドスタートプログラム:低所得家庭の妊婦〜5歳までの子どもとその家族が無料で受けられるプログラムで、早期ヘッドスタート(Early Head Start)とヘッドスタート(Head Start)の2種類があります。連邦政府の助成金で運営されています。

2. Pre-Kindergarten:教育省が所管する無料プログラムで、4歳児が対象です。地域の公立学校やコミュニティ機関で半日や一日のプログラムが提供されています。

3. After-School Care:NYC Department of Youth and Community Development が5歳以上の子どもたちへ無料アフタースクールケアを提供しています。アカデミック、文化活動、美術、音楽やスポーツなどが提供されます。

これらのプログラムに興味のある方は 311 へお問い合わせください。

参考資料:
NYC ACS: Child Care Program
NYC ACS: ACS Child Care Options
NYS DTDA: Child Care Subsidies