ニューヨーク州有給家族休暇

ニューヨーク州有給家族休暇

2016年にニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事が有給家族休暇法を制定し、2018年1月1日より同制度が施行されました。これにより、家計の心配をすることなく子どもとの絆を築いたり、重病を患っている家族の看病・介護をしたり、軍事サービスに召集されたときの残された家族のプレッシャーを緩和することができます。

有給休暇とは休暇中に部分的な給料を支給される制度のことです。

2018年1月1日より、民間企業で働くほとんどのニューヨーカーは有給家族休暇を取得することができます。公務員であれば、雇用主が有給家族休暇を付与するか決定します。

休暇中も医療保険を継続でき、休暇終了後も同等の職務内容が保証されます。もし保険料を支払っていれば、休暇中も支払い続けなければいけません。

ベネフィット

有給家族休暇は今後4年間に段階を踏んでいきます。2018年は最大8週間取得することができ、平均週給の50%を受け取ることができます。(*ただし、ニューヨーク州平均週給賃金(New York State Average Weekly Wage: SAWW)の50%まで。ご自身の平均週給(Average Weekly Wage: AWW)は、有給休暇が始まる直前8週間の平均金額。SAWWは毎年アップデートされます。)

例えば、あなたが2018年に週$1,000稼ぐとすれば、週に$500($1,000の50%)もらえます。もし週に$2,000稼ぐとすれば、SAWW(現在$1,305.92)の50%である$652.96がもらえます。

有給休暇は取得初日より52週の間に一度にすべて、または一日単位で取ることができます。

2021年までのベネフィット段階
年度最大有給休暇取得数支給金額
2018年


8週間従業員のAWW50%(*ただし最大SAWWの50%まで)
2019年



10週間従業員のAWW55%(*ただし最大SAWWの55%まで)
2020年


10週間従業員のAWW60%(*ただし最大SAWWの60%まで)
2021年

12週間従業員のAWW67%(*ただし最大SAWWの67%まで)

 

【条件】

フルタイム従業員:週20時間以上働いていれば、26週間の継続勤務後に有給休暇を取得できます。

パートタイム従業員:週20時間未満働いていれば、175時間の勤務後に有給休暇を取得できます。(継続勤務の必要はありません)

*移民ステータスに関係なく取得できます。

 

【種類】

子どもとの絆を形成するための休暇(Bonding Leave)

赤ちゃんの出産を控えている方、養子をもらう方や里親になる方は、お子さんとの絆を形成するために最大8週間(2018年)の有給休暇を取得できます。有給休暇は出産後、または養子や里子を迎えてから最初の12ヶ月間に取得します。

重病を患う近親者の介護(Caring for a Close Relative with a Serious Health Condition)

「近親者」とは、配偶者、ドメスティック・パートナー、子ども、継子、親、継親、義理の親、祖父母、孫など。

「重病」とは、1) 病院、ホスピスやナーシングホームなどに入所している、または 2) 医療従事者による継続的な治療や管理が必要な病気、怪我、心身の障がい。

例えば、1) キーモ・セラピーを受ける母親、2) 療養後に手術を受ける父親、3) 休学してサイコセラピーを受けなければならない子どもの看病・介護をするときなどに有給休暇を取得できます。

*入院や合併症を引き起こさない限り、美容整形手術は有給休暇取得の正当な理由になりません。また、風邪、インフルエンザ、耳痛、腹痛、小さな潰瘍、偏頭痛以外の頭痛、虫歯や歯周病なども正当な理由になりません。

軍務召集(Military Active Duty Deployment)

配偶者、ドメスティック・パートナー、子どもや親が海外軍務に召集されたときに、有給休暇を取得することができます。ただし、軍事イベントには取得できません。

 

【申請方法】

雇用先の保険会社が有給家族休暇の通知を受けたあと手続きをしてベネフィットを支払います。もし雇用先が自社の保険を持っていれば、雇用主が手続きをしてベネフィットを支払います。

  1. 雇用先に通知する。有給休暇を始める30日よりも前に必ず知らせること。
  2. 必要書類を集める。雇用主または雇用先の保険会社に必要書類をもらいます。または以下のリンクよりダウンロードします。
    Bond with a Newborn, a Newly Adopted or Faster Child
    Care for a Family Member with a Serious Health Condition
    Assist Families in Connection with a Military Deployment
  3. 必要事項を記入し、提出する。Request for Paid Family Leave (Form PFL-1) に記入し、自分用にコピーをして雇用主に提出します。雇用主は自社の項目に記入し、3日以内にあなたに返却しなければいけません。もし雇用主が返却しなければ、次のステップにいき、雇用主の保険会社(Paid Family Leave Insurance Carrier)へ直接必要書類を提出します。
  4. 関連書類を取得して添付する。
    [出産]

    母親(以下のいずれか):
    – 出生証明書
    – 母親の名前と出産(予定)日が記載された医療従事者による妊娠・出産の書類
    父親(以下のいずれか):
    – 出生証明書
    – 認知証明書類
    – 母親の名前と出産(予定)日と母親や子どもとの関係が記載された医療従事者による妊娠・出産の書類
    [里親]
    – 最寄りの福祉課やボランティア機関から発行された手紙
    – 第二の親の名前が書類に記載されていなければ、上記書類のコピーと里親との関係を証明する書類
    [養子縁組]
    – 養子縁組の法的証明
    – 第二の親の名前が書類に記載されていなければ、上記書類のコピーと養子の親権者との関係を証明する書類
    重病を患う近親者の介護
    被介護者の医療従事者からの証明
    [軍関連の休暇]
    – US Department of Labor Military Family Leave (Federal Military Leave Form)
    – 軍務書類
    – 休暇理由の関連書類
  5. 申請書と関連書類を提出する。雇用主の保険会社へ必要書類を提出します。有給休暇が始まる前または取得初日から30日以内に提出します。申請後、18日以内に保険会社から返答がきます。

雇用主の保険会社がわからなければ、HRへ連絡してください。もし雇用先にHRがなければ、雇用主に直接聞くか、Paid Family Leave Compliance Poster をご参照ください。もしそれでもわからなければ、Paid Family Leave Helpline 844-337-6303 へおかけください。

 

参考資料:https://www.ny.gov/programs/new-york-state-paid-family-leave