6. お子さんを持つ親を支援するプログラム

お子さんを持つ親をサポートするニューヨーク市のプログラム

ニューヨーク州にはお子さんを持つ家庭を支えるために、さまざまな助成制度があります。
お子さんを持つ低所得家庭にはどのような支援制度があるのかを知り、安心して子育てをしましょう。

手当・助成金

ファミリー・アシスタンス

ファミリーアシスタンス(Family Assistance)とは、未成年のお子さんがいる低所得家庭のための給付金制度です。最高60ヶ月まで受給できます。
詳しくは「テンポラリーアシスタンス」のページをご覧ください。

光熱費補助プログラム

光熱費補助プログラム(Low Income Home Energy Assistance Program: LIHEAP)とは、低所得家庭の公共料金(電気、ガス、水道代など)の支払いを補助する、年に1度の助成金です。申請締め切りがあるため、申請期間を確認することが大切です。
詳しくは「光熱費補助プログラム HEAP」のページをご覧ください。

住宅手当

住宅カウンセリング

HUD (U.S. Department of HOusing and Urban Development) では無料〜低コストの住宅カウンセリングを提供しています。HUD.GOV でお近くの住宅カウンセリングエージェンシーを探すか、1-800-569-4287 に電話して最寄りの住宅カウンセリングエージェンシーを聞き、エージェンシーで予約を取ります。シングルマザーやひとり親家庭に合ったリストの中から低価格のアパートを探すことができます。
公共住宅に関する情報は「公共住宅」のページをご覧ください。

食料配給

スナップ(旧フードスタンプ)

スナップ(Supplemental Nutrition Assistance Program: SNAP)とは、家族構成と世帯所得から算出された金額をデビットカードのようなカードで月々受給できる食料配給プログラムです。
詳しくは「スナップ(旧フードスタンプ)」のページをご覧ください。

ウィック

ウィック(Women, Infants, & Children: WIC)とは、低所得の妊婦や5歳以下の子どもが栄養を維持するための食品や牛乳などを提供する食料配給プログラムです。小切手で月々約$50もらえ、ウィックプログラムに加入している店舗で該当食品を購入します。その他にも栄養士との1対1セッションで母子の栄養状態の対策や調理方法を学んだり、グループディスカッションで他の妊婦と買い物の仕方や授乳方法、子どもに健康的な物を食べさせる良い方法などを学びます。
詳しくは「食品券 WIC」のページをご覧ください。

公的医療保険

メディケイド

メディケイド(Medicaid)とは、ニューヨーク州政府の公的医療保険です。保険料、自己負担額、処方せん薬代、医療費の全てを政府が負担します。保険会社のプランを通して医療ケアを受け、そのプランにカバーされる医師や病院で受診します。
詳しくは「メディケイド」のページをご覧下さい。

妊婦用メディケイド

妊婦用メディケイドとは妊婦のための公的医療保険で、主に妊娠に関するサービス(検査、HIVテスト、栄養指導、出産後2ヶ月までの妊娠に関する医療サービス)と生まれた子どもに対する医療サービスを負担します。ニューヨーク州民であれば移民ステータスは関係ありません。
詳しくは「メディケイド」のページをご覧ください。

エッセンシャル・プラン

メディケイドに該当しない低所得者に提供されるニューヨーク州政府の公的医療保険です。デダクタブルなし。保険料、自己負担限度額や保障される医療サービスはエッセンシャルプランの種類によって異なります。
詳しくは「エッセンシャルプラン」のページをご覧ください。

子どもの保険

子どもの医療保険には子ども用メディケイド(Children’s Medicaid)とチャイルドヘルスプラス(Child Health Plus)があります。該当資格によって子ども用メディケイドかチャイルドヘルスプラスのどちらを受給できるか決まります。
詳しくは「チャイルドヘルスプラス」のページをご覧ください。

処方せん薬

処方せん薬プログラム

ニューヨーク州には低価格で処方せん薬を購入できる以下のようなプログラムがたくさんあります。

チャイルドケア

チャイルドケアプログラム

Administration of Children’s Services (ACS) では、EarlyLearn NYC と私立保育園(個人経営含む)を通して、条件を満たす親に保育料助成制度による無料〜低価格のチャイルドケアプログラムを用意しています。ACSが保育園を直接運営しているのではなく、認可されたグループチャイルドケアセンターやファミリーチャイルドケアネットワークに加盟している施設・個人が、生後6週間〜12歳までの子どもを預かります。特別支援が必要な子どもももちろん預けることができます。
詳しくは「チャイルドケアプログラム」のページをご覧ください。