7. 障がい者用福祉機器の支援プログラム

障がい者用福祉機器の支援プログラム
(TRAIDプログラム)

TRAID (Technology-Related Assistance for Individuals with Disabilities) とは New York State Justice Center によって運営されているプログラムで、連邦基金で賄われています。福祉機器を使用することで学習・就労・生活の質を向上し、障害を持つ方々の自立を促すことが目的です。また、TRAID は情報技術(IT)やテレコミュニケーションなどにも役立ちます。

福祉機器(Assistive Technology: AT)

福祉機器とは、障がい者の生活機能を維持・向上させるための用具・機器のことです。改良された歯ブラシの取っ手というローテクなものから、音声認識のコンピューターシステムやソフトウェアなどハイテクなものまであります。

【TRAIDが支援すること】

    • 福祉機器のローン
    • 機器の実演説明
    • 福祉機器のトレーニング(訓練)
    • 福祉機器ローン
    • 早期介入福祉機器貸出図書館
    • 情報提供&照会サービス

【TRAIDサービス該当資格】

    • 障がい者
    • 障がい者の家族
    • 障害サービスのプロバイダー
    • 教育者
    • 雇用主
    • 福祉用具に興味のある方

ニューヨーク市のTRAIDセンター

Technology Resources Center
United Cerebral Palsy of New York City
120 East 23rd Street, 5th Floor
New York, NY 10010-4519
212-979-9700×279 (voice)
212-253-2690 (TTY)

マンハッタン、クイーンズ、ブロンクス、ブルックリン、リッチモンド以外にお住まいの方は以下のリンクより最寄りのTRAIDセンターをお探しください。

http://www.justicecenter.ny.gov/services-supports/assistive-technology-traid/locations

ご質問や興味のある方は、お近くのTRAIDセンターまたは NYS Justice Center Information and Referral Line 1-800-624-4143 まで。

TRAIDプログラムのフライヤーをご覧ください。

参照:NYS Justice Center: Assistive Technology (TRAID) Program