ホームページ

第二回ファンドレージング・セミナー

うつ病の理解と予防について

メンタルヘルスの専門家であり、JASSIの理事でもある渋沢田鶴子ニューヨーク大学大学院社会福祉学部准教授が、若い方から中高年の方々まで幅広い世代の男性、女性を対象に、うつ病についてわかりやすくお話しします。

  • 345301「うつ」と「うつ病」の違いについて
  • 産後や子育て中もうつ病になりやすい?
  • 更年期障害との関係は?
  • うつ病になりやすい年齢や性格は?
  • ストレスとの関係は?
  • うつ病を防ぐために普段からできることは?
  • 家族、友人、職場でうつを患う人との接し方とサポート方法

日時:2016年3月2日(水)午後6時〜7時半(30分の質疑応答含む)

会場:Ameriprise Financial, Inc.
           530 Fifth Avenue, 16階, New York, NY 10036(44th & 45th St. の間)

申込:jassinyevent@gmail.com(※参加者全員のお名前を明記のこと)

定員:先着40名(定員になり次第締め切り)

参加費:お一人$25(*飲物付)

Tazuko Photo講師紹介:渋沢田鶴子
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で修士課程を修了したのち、米国で精神科ソーシャルワーカーとして勤務。日本で臨床心理士として開業、カウンセリング・インターナショナル代表。1997年にUCLAで博士号取得。以来、ソーシャルワーク教育、および研究に従事。コロンビア大学社会福祉学部で教鞭をとったのち、2006年よりニューヨーク大学大学院社会福祉学部准教授。JASSI理事。
専門:臨床ソーシャルワーク、高齢者のメンタルヘルス、家族療法

 

_______________________________________________________________________________________

2016年度向けの医療保険申請期間は1月31日に終了しました。ただし、『メディケイド』『チャイルドヘルスプラス』『エッセンシャルプラン』などの公的医療保険へは年間を通して申請可能です。詳しくは、『オバマケア』のページをご覧いただくか、JASSIまでお気軽にお問い合わせください。

_______________________________________________________________________________________

2016年も引き続き無料がん検診予約を受け付けています!

昨年に引き続きJASSIはニューヨーク州保健医療省がんサービス・プログラム・クイーンズと協同し、クイーンズ区に在住する40歳以上の保険未加入女性のために、乳がん検診と子宮頸がん検診の予約を受け付けています。移民ステータスは問いません。これらの検査は2週間毎の木曜日の午後(午後1時か2時)に Jackson Heights Family Health Center で行われ、後日マンモグラフィ検査が New York Hospital Queens で行われます。

がん検診ご希望の方は、212-442-1541×1 または 347-482-1541 までご予約ください。Eメールの場合は、お名前(フルネーム)、生年月日、郵便番号、電話番号、最後に視触診・マンモグラフィ検査・子宮頸がん検診・検便検査・大腸内視鏡検査を受けた(大体の)日にちと場所、希望する日にちと時間を明記の上、info@jassi.org までご連絡ください。

〈無料検診日〉
illust42501月14日&28日
2月11日&25日
3月10日&24日
4月14日&28日
5月12日&26日
6月9日&23日
7月14日&28日
8月11日&25日
9月8日&22日
10月13日&27日
11月10日
12月8日&22日

【該当資格】

  • 40歳以上の女性
  • クイーンズ区に住んでいる
  • 無保険
  • 移民ステータスは問わない

*過去3年間に子宮頸がん検診を行い、検査結果が陰性だった方は同検査を行う必要はありません。子宮頸がん検診とHPVテスト両方を行い、検査結果が陰性だった方は向こう5年間は子宮頸がん検診を行う必要はありません。ただし、乳がん検診は毎年行う必要があるため、予約をお取りください。

 

3月の茶話会

green tea茶話会は毎月第一火曜日に行われています。

3月1日(火)

時間:午後2時半〜午後4時
場所:JASSI(100 GOLD ST NYC 10038 地下1階ルーム#1

茶話会は毎月第一火曜日に開催されます。茶話会はJASSIシニアの皆さんでお茶を召し上がりながら1つのトピックについて話し合ったり、情報交換を行う楽しい場所です。予約の必要はありません。お気軽にお越しください。お問い合わせは 347-732-5251(シニアライン)または info@jassi.org まで。

 

JASSI 生活相談(ホットライン)

(212) 442-1541 ext. 1 or 347-482-1541 or info@jassi.org

個人面談、電話やEメールを通して生活に関する様々な相談を年齢を問わず受け付けています。アメリカに渡米したばかりの人にとっても、長年住んでいる人にとっても、言葉の違いだけでなく文化や習慣が異なる土地で生活することは決して容易なことではありません。日常生活で起こり得る以下のような問題に対して、バイリンガルの福祉専門スタッフが解決に導く情報提供、他機関紹介や諸機関との仲介を行っています。ご相談は全て無料です。お気軽にご連絡ください。(*全国からご相談を受け付けていますので、郵便番号をお伝えください。面談ご希望の方はご予約をお取りください)

      • 低所得問題
      • 金銭/消費者問題
      • 医療問題
      • 法律問題(他機関紹介)
      • 雇用問題
      • 家庭問題
      • 住宅問題
      • 自然災害
      • 精神疾患や身体の不自由な方

その他のサービス

1. シニアプログラム 347-732-5251 or 212-442-1541 ext. 3
60歳以上の方へ電話やオフィスでの相談に加え、定期的に行楽イベントやシニアに役立つセミナーを提供しています。また、孤立しがちなシニアのお宅をボランティアが定期的に訪問するフレンドリー・ビジットや、病院へのエスコートなどのサービスも提供しています。

2. ケアギバー・サポート・プログラム 347-732-5251 or 212-442-1541 ext. 3
(ニューヨーク市老齢局による助成金で運営)
60歳以上の方の介護、お世話をしている「ケアギバー(介護者)」への支援を行っています。公的支援や在宅介護などに関する情報提供やサポート、精神的サポート、ケアギバーへの休息サービス、補助、サポート・グループなどを提供しています。

3. コミュニティー・アウトリーチ・プログラム 212-442-1541 ext. 1 or 347-482-1541
公衆教育を目的とし、医療保険や遺言について等、日系コミュニティの皆さまの生活に役立つ情報を提供するセミナーやワークショップを不定期に開催しています。

日米ソーシャルサービス(ジャシー)は、1981年の創立以来、ニューヨーク市内や近郊に居住する方々へ福祉サービスを提供している 501(c)(3) 認定非営利団体です。言語、文化、および制度の違いから生じる日常の様々な問題を抱え、支援が必要な方の生活の質の向上を図ることをミッションに、「日系コミュニティの駆け込み寺」として、秘密厳守のもと、専門教育・訓練を受けたバイリンガル・スタッフが一人一人のニーズに応じて福祉サービスを提供しています。行政の助成金、財団基金、企業や個人からの寄付金により創立以来無償で福祉サービスを提供しています。