ホームページ

ニューヨーク市消費者課からのお知らせ
〜ニューヨーク市の有給病気休暇制度〜


ニューヨーク市議会で可決された有給病気休暇制度が今年4月1日から始まり、従業員数が5名以上いる企業は、従業員に対して年間40時間までの有給病気休暇を認めることが義務付けられました。支払い額は通常の時給(最低賃金の$8以上)です。

該当資格のある方は、暦歴に80時間以上ニューヨーク市で働いた以下の従業員。

    • フルタイムの従業員
    • パートタイムの従業員
    • Transitional Job Programの従業員
    • 不法労働者
    • オーナー以外の家族従業員
    • ニューヨーク市外に居住する従業員

今年4月1日以前から雇用されている従業員は、今月7月30日から有給病気休暇が利用できます。今年4月1日以降雇用された従業員は、入社日から120日後に利用できます。

病気休暇が使える理由

    • 診断、受診、治療が必要な病気(精神疾患含む)や怪我を患っている。または、予防治療が必要。
    • 診断、受診、治療が必要な病気(精神疾患含む)や怪我を患っている家族の看病・介護をしなければならない。または、予防治療の付き添いが必要。
    • 公衆衛生緊急事態で会社が休みになった。または、公衆衛生緊急事態で子どもの学校やデイケア等が休みになった。

*有給病気休暇を要求・利用したからといって、企業側が脅迫・降格・解雇したり、仕事量を減らしたりすることは禁止されています。

詳しくは、NYC DCA: NYC’s Paid Sick Leave Law をご覧いただくか、311にお問い合わせください。

 

8月の茶話会

green tea8月4日(月)

時間:午後2時半〜午後4時
場所:JASSI(100 GOLD ST NYC 10038 地下1階

JASSIでは毎月第一月曜日に茶話会を開催しています。茶話会はJASSI高齢者の皆さんでお茶を召し上がりながら1つのトピックについて話し合ったり、情報交換を行う楽しい場所です。予約の必要はありません。お気軽にお越しください。お問い合わせは 347-732-5251(シニアライン)または info@jassi.org まで。

 

「移民法なんでも無料相談」終了のお知らせ

2010年7月より祝日を除く毎週月曜日に実施されていた「移民法なんでも無料相談」は2014年3月31日をもちまして終了いたしました。14年間パラリーガルを務める岡本万里子氏によって実現され、ボランティアとして長年ご協力いただきました。約4年に渡り、日系コミュニティーへのご支援ありがとうございました!

 

33周年記念チャリティーディナー Save the Date!

Screen Shot 2014-02-25 at 1.33.37 PM

 

JASSI 生活相談(ホットライン)

212) 442-1541 or  (347) 482-1541 or info@jassi.org

個人面談、電話やEメールを通して生活に関する様々な相談を年齢を問わず受け付けています。アメリカに渡米したばかりの人にとっても、長年住んでいる人にとっても、言葉の違いだけでなく文化や習慣が異なる土地で生活することは決して容易なことではありません。日常生活で起こり得る以下のような問題に対して、バイリンガルの福祉専門スタッフが解決に導く情報提供、他機関照会や諸機関との仲介を行っています。ご相談は全て無料です。お気軽にご連絡ください。

      • 低所得問題
      • 金銭/消費者問題
      • 医療問題
      • 法律問題
      • 雇用問題
      • 家庭問題
      • 住宅問題
      • 自然災害
      • 精神疾患や身体の不自由な方

その他のサービス

1. シニアプログラム
60歳以上の方へ電話やオフィスでの相談に加え、定期的に行楽イベントやシニアに役立つセミナーを提供しています。また、孤立しがちなシニアのお宅をボランティアが定期的に訪問するフレンドリー・ビジットや、病院へのエスコートなどのサービスも提供しています。

2. ケアギバー・サポート・プログラム
60歳以上の方の介護、お世話をしている「ケアギバー(介護者)」への支援を行っています。公的支援や在宅介護などに関する情報提供やサポート、精神的サポート、ケアギバーへの休息サービス、補助、サポート・グループなどを提供しています。

3. コミュニティー・アウトリーチ・プログラム
公衆教育を目的とし、医療保険や遺言について等、日系コミュニティの皆さまの生活に役立つ情報を提供するセミナーやワークショップを不定期に開催しています。

日米ソーシャルサービス(ジャシー)は、1981年の創立以来、ニューヨーク市内や近郊に居住する方々へ福祉サービスを提供している 501(c)(3) 認定非営利団体です。言語、文化、および制度の違いから生じる日常の様々な問題を抱え、支援が必要な方の生活の質の向上を図ることをミッションに、「日系コミュニティの駆け込み寺」として、秘密厳守のもと、専門教育・訓練を受けたバイリンガル・スタッフが一人一人のニーズに応じて福祉サービスを提供しています。行政の助成金、財団基金、企業や個人からの寄付金により創立以来無償で福祉サービスを提供しています。