2. 公共住宅

公共住宅(パブリックハウジング)

ニューヨーク市が保持しているアパート(プロジェクトアパートメント)を低・中所得者に賃貸するプログラムで、New York City Housing Authority が管理しています。部屋数と家賃は家族構成によって決定されます。申請に関するさまざまな規定は The United States Department of Housing and Urban Development (HUD) によって定められています。

アパートには基本的に一般用アパート、高齢者用アパート、そして身体障がい者用の Accessible Apartment の3種類があります。

【該当資格】

    • 一般人用アパートの場合、申請者(と共同申請者)が18歳以上であること。
    • 高齢者用アパートの場合、申請者(住む人全員)が62歳以上であること。
    • アクセッシブル・アパート申請の場合、申請者またはその家族が生涯車椅子、歩行器、杖等の使用が不可欠であること。
    • アパートに住む家族の誰かがアメリカ市民、または永住権保持者(家族の中に不法滞在者がいても申請権はある)であること。

*資産は考慮されませんが、利子や配当は収入に含まれます。

【該当所得】

 

世帯数所得
1人世帯$53,450
2人世帯$61,050
3人世帯$68,700
4人世帯$76,300
5人世帯$82,450

【手続方法】

a. オンライン申請。下記の “Apply Here” をクリックして申請手続きを始めます。
Apply Here

b. カスタマーコンタクトセンターで申請。月曜日〜金曜日の午前8時〜午後5時の間に以下のカスタマーコンタクトセンターで申請します。予約の必要はありません。

Bronx/Manhattan/Queens Customer Contact Center
478 East Fordham Road (1 Fordham Plaza), 2nd Floor
Bronx, NY 10458
(718) 707-7771

Brooklyn/Staten Island/ Queens Customer Contact Center
787 Atlantic Avenue, 2nd Floor
Brooklyn, NY 11238
(718) 707-7771

注)DV被害者の場合、まずはオンラインで申請し、そのあと最寄りのカスタマーコンタクトセンターに電話をし、Victim of Domestic Violence Document Review Form をもらいます。このフォームは必要書類(例:事実証明のための Court Order of Protection、Police Incident Report、または病院、カウンセリングセンターやシェルターなどからの手紙や被害届)とともに NYCHA へ提出します。

*申請時に記入する希望地区はアパートへ入居するための面接へ繋げる時間に影響しますので、第一候補の地区はよく考えてから決めたほうがよいでしょう。マンハッタン、クイーンズは他の地区に比べて Waiting List が長く、面接を受けるまでにとても時間がかかります。スタジオや1BRのアパートの Waiting List も長いようです。

b. 2週間以内に申請受理通知が届きます。

c. NYCHA の申込者は低所得家族やホームレス、DV被害者のようなの早急に家が必要な人々のカテゴリーに振り分けられます。申請用紙に記入された情報を元に Waiting List に入り、空室が出たら面接が行われます。

d. 面接はカスタマーコンタクトセンターで行われます。この際、体が不自由であったり、何らかの理由でどうしても事務所に行けない場合は、電話面接が可能です。また、前もって頼むと通訳もつけてもらえます。面接時には以下の書類を持参します。

面接時に必要な書類

    • 過去12ヶ月間の世帯収入(ソーシャルセキュリティーベネフィット、スナップ、給付金等含む。銀行の残高証明や株などの証明も必要)
    • 住む人全員のソーシャルセキュリティーカード
    • 米国市民権や移民ステータスの証明
    • 過去3ヶ月間の住所を証明できるもの
    • 夫婦の場合、婚姻関係を証明できるもの(例:婚姻証明書、家庭裁判所から出された婚姻を証明する手紙)
    • 子供がいる場合、親子関係を証明するもの(例:Birth Certificate、養子縁組の書類、養育権を証明する裁判所からの手紙)
    • 過去6ヶ月間の家賃・公共料金の支払いを証明するもの
    • 過去3年間に住んでいたアパートの家主の情報(名前、住所、電話番号。誰からのアパートに仮住まいしていた場合も含む)

e. 面接に通ったら、16歳以上の家族の犯罪歴、今まで住んでいたアパートと現在住んでいるアパートの管理者の連絡先を元にスクリーニングをされます。そのスクリーニングに合格すると、パブリックハウジングプログラムに入ることができます。

 

参考資料:NYC Housing Authority